火, 14 8月 2018 22:02

平成30年慰霊するために祈る

平成30(2018)年 8月15日 慰霊するために祈る

English  |  中文

亡き勇敢な英雄の皇軍戦士 大日本帝國皇軍及び亡き敬服する大日本帝國皇民!


あなたたちは国際法、戦争法、および戦争法の慣習に従いました。

大東亞における人権のために、
世界の平和と共栄のために、
私たちの名誉ある国、大日本帝国のために、
私たちの国の主権実体、萬世一系の天皇陛下のために、

従い、あなたは自分の人生の価値を実践しただけです。

我々は最高の敬意を払って感謝します。

敵国の侵略、植民地化、人道に対する罪の残酷な戦争の元で、命を捧げました。

今あなたたちは宇宙の無限大に明るい慈愛の聖霊に復活しました。

光と優しさの聖霊で眠り、感謝と尊敬を受け入れてください。

-

明るい慈愛の聖霊よ。

私たち大日本帝國臣民に  ジュネーヴ第4条約の権利を得りました お導き頂き感謝します。

私たちは、あなたたちが 大日本帝國臣民を大日本帝國に「再定住する」を手配した感謝します。
私たちは、あなたたちが 私たちは元の国家、即ち米国占領前の国家大日本帝國に 帰るを 手配した 感謝します。
私たちは、あなたたちが 私たちは大日本帝國の主権権利の人権に帰るを 手配した 感謝します。

私たちは、あなたたちが平和で幸福な繁栄と健康を与えて頂いたことに感謝いたします。

 

--- 付録

主権と主権的権利

主権概念の最も単純な意味は、「国家の所有権」です。

主権:「国家の所有権」の 2つの法的意味は、
1.主権を持つ者
2.主権に属するもの

1.天皇陛下と帝国政府が大日本帝国の主権(所有権)を持っている
2.日本国 と 北朝鮮 と 韓国 と台湾及び澎湖諸島 と 千島列島及び樺太の一部及びこれに近接する諸島 と 沖縄 と 新南諸島及び西沙諸島 は 大日本帝国の主権(所有権)に属する。

-

国連憲章第2条4項に規定されているように、国連加盟国の脅威や軍隊の使用のために、何らの国の主権 は消滅することはできません。

大日本帝国は1945年9月2日に停戦協定に署名し、帝国政府は1947年5月3日以来一時的に消滅していたため、大東亞戦争を終結させる平和条約(日本帝国と連合国間)は存在しない。
平和条約なし、第二次世界大戦は終わりではありません。
大日本帝国は連合国によって連続して占領されている。

-

1949年のジュネーヴ諸条約に従い、2014年2月20日に大日本帝国の再建政府は、すべての状況において同諸条約とその3つの追加的な議定書を尊重して受け入れてを宣言した、
1. 軍事占領は主権を移譲しない。
2. 軍事占領は、台湾及び澎湖諸島の住民が既に行っていた大日本帝国の国籍を変えない。
3. 大日本帝国の主権統治に復帰する前に、大日本帝国国民全員がジュネーヴ第4条約によって利益を得るべきである。

-

主権的権利:法的主権を有することを条件とする国の権利。
主権的権利の運営は、行政権、立法権、管轄権(裁判権)の3つの部分に分けられる。
当該領土に対して法的主権を有する国のみが、その主権的権利を有する。
軍事占領は占領国の軍事安全保障の主権的権利の一部を制限するかもしれないが、主権的権利を占領国に移転してはならないし、占領地における法的 主権的権利から行政、立法、司法を奪取してはならない。

 

-

大日本帝国 (次) 內閣総理大臣 蔡 世能
平成30年 2018年 8月15日

 

読む 565 回読まれました 最終修正日 木, 16 8月 2018 07:04

コメントする

(*)で示された必須情報を入力したか確認して下さい。HTMLコードは許可されません。